これは数々の格闘技興行にて激闘(?)を展開してきた猫じのわがままリングアナ奮闘記 舞台裏実況中継である。
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■DEEP28 IMPACT
2007/02/20 Tueダイブトゥーインパクト
遅くなってしまったが、東京でのひとまずの仕事納めになるであろう
「DEEP28 IMPACT」が終了した。
感慨深いものは、
特にない。
今まで育ててもらったこの団体の、しかも東京大会に参加出来なくなるのは少々残念に思う。
筆者が大阪在住である為、様々な事情がこれを許さない所に来てしまった。
誤解なきよう付け加えると、自ら今年4月以降のスケジュール辞退を希望して、昨年暮れには団体の承諾を得ていた。
自身の続けて行きたい心境は当然ながら、団体側も「もう少し考えてみてくれないか」と、最後まで継続を希望してくれた。
その意向だけで、この持ち場冥利に尽きる想いだった。
考えれば、東京や地方等でも、他に司会者なんていくらでも腐るほどいる。
わざわざどこで興行を打つにしても、自分の事を高く買ってくれては、永い間起用してもらったこの団体に感謝したい。

だからと、今回はそんなシミったれた文を書く為にここで最後の手記を書くのではない。
たまたまと言うべきか、今回の興行での異様な熱気を「どうしたら読者に伝えられるのか?」
何となくそんな事に挑戦してみたい。

今回組まれたトリプルメインイベント。
DEEP3大タイトルマッチ。
一発目のウエルター級に続いて、ライト級でも新チャンピオンが誕生した。
最後にミドル級では、昨年から因縁を引きずった決着戦だった。
いつもながら、細かな攻防をここで書く気はない。
これだけの料理を揃えた団体も凄い。
箱内の売上だけでは、選手ギャラや経費を差し引いて帳尻が合うのだろうか?と、いらぬ心配をしてしまう。
観客が一体、どの様な興奮状態でこのメニューを食い尽くしていくのか?
早々とソールドアウトしたチケットの売れ行きからして、湧き上がる喚声で異常事態になるのは火を見るより明らかだ。
これを想定して意外と冷静に観察し、表面上では興奮の坩堝と化したコールでナビゲートしていった。

予断だが、自分で自分の事を二重人格だと思う。
それを機能的に使いこなせているかは知らない。
何かの拍子に違う自分が顔を出す。
それもまた自分だ。
誰でも女の子にはいいカッコをしたい。
時折りそうさせるのは、世の中の人々の大半は二重人格であるとも言える。

普段でも気合いを入れながらやらせて頂いているが、この日はそれどころではない何かを注入する必要があった。
そうでもしない限り、観客の声にアナウンスが掻き消されてしまう恐れがあったからだ。
第1試合から配分を考えずに飛ばした。
もう状況も状況だし、特に興奮状態をもっとこちらから煽り立てても「誰も文句はないだろう」と、半ば開き直った。
あまりこんな事を考えて、また人から「目立ちたいんじゃないのか…」と。

「そんな事を言いたい奴はもう何とでも言ってくれ。」
もう「何を言われようが関係ない」とばかりに、最大級の渾身の力を振りしきったと言って過言でないかもしれない。
凄まじいばかりの観客のパワーが充満し、昭和20年代にバラックからなる線路下のドヤ街に木魂する列車音を遥かに越えた。
ホール観測史上初のマグニチュードを記録した。
これをエネルギー資源に換算したとして、例えば声で作動するトラクターがあったら、それこそブレーキの壊れた何とかだ。
そもそも観客の理性というブレーキはこの日は存在しなかった。
怒号や悲鳴にも似た声援が飛び交う中、普段どおりのアナウンスをしていて一体何の芸があるというんだ。
自分に言い聞かせながら冷静に、でもより緊張を煽るべく「これでもか」と、ガナリたてる様に試合中も奮起させた。

完全に等身大の自分を超えてしまっていた。
近しい人間から「いつも以上の気合い」と、褒めているのか「いつもはダメだ」と言っているのかよく分からない感想を頂いた。
しかし、以前に書いたランナーズハイならぬ「リングアナハイ」ではなかった。
意識は冷静に、向こう側から見える自分も確認し(そんなもの見えないが)、どう対処すべきかは向こう側にいる自分が全部指令を送っていた。

いつも言うが観客の高揚を煽る時、煽る側が雰囲気に飲まれて緊張していては、絶対に「自分内の緊張」に敗れてしまう。
それは観客にも確実にバレる。
ワザと大袈裟に自分を興奮状態に持っていき、そのスパイスを感じてもらいながら、観客もそれ以上に乗ってもらう様に努力する。
「大袈裟スパイス論」・「相乗高揚効果の法則」だ。
そんな法則などない。
いや、今考えたからある。
もしも「あの人、やりながら自分で興奮してる」と言われようが、そんなちんけな事はどうでもよいではないか。

「人がどう思うか?」より、「自分がどうあるべきか?」の方が重要ではないか。
そうした岐路に立った時、必ず現われる二重人格な自らを否定することなく、結局は冷静な判断を下している自分がいるということは、初めからどうしたいのかは、迷う前から大体が決まっていると言える。
人は必ずあれこれ言う。
そこで「言いたい奴はどうとでも言え」と否定しろ。
わざわざ他人の為に生きる訳でもなく、言いたい奴の聞き耳を立てる必要など1mmたりともない。
そこに惑わされぬように、人が決める自分よりも、自分で決める自分であって欲しいと、
この春、旅立つ全ての人々にエールを送りたい。


スポンサーサイト
コメント(3)
■■■SEGA SAMMY Presents PANCRASE 2006 BLOW TOUR            UMEDA STELLA HALL
2006/10/01 Sunハイブリッドハイウェイ
かなり久しぶりにこのブログに帰って来てしまった。
大会が終えた後に書く様にしていたこの場所も、最近はどうも一人善がりが過ぎて戴けない気分だった。
いつも自分で何らかの評価を下しているかの様なこのブログだが、それが何も意味を成していないと想い始めていた。
自らを突き詰めるならば、こんな所でモノを書く事を考えるより、自分だけの反省点を他人に知られない様に改良していくべきだと考えていた。

今回の気付きは? 閃きは何だったのか?
これまでは裏方の意識が強過ぎたが、表舞台に出ている時も勿論、自分だ。
表の光りが強すぎて目立ってしまうのは全然意味合いが違うし、
裏方意識と表の意識を双方に交互させ、良い形成を実現していくべきだ。
この解決策を求めていく事も重要であると言い聞かせ、このブログにカムバックするべき時だった。

この団体の持つオーラが、程良い魔力に変わる。
予定より早めに会場に到着したのは、そんな緊張を隠せない表れだったのか。
雨の梅田ステラホールが、自分探しの旅人となって渦巻いた。

先の事を考えてしまうと、頭の中が錯乱状態に陥ってしまう。
ここは必要最小限の事柄のみ、頭の中で駆け巡らせる。
目の前で起こっている事象を追い掛け、言葉にして伝えゆく。
違う事を考えていたら、上手く口には出て来ない。
緊張の糸が集中とゆう魔力を呼び出し、その効果を継続的に結んでくれる。
この孤独な闘いが、リングアナウンサーの真骨頂だと思いたい。

今回もレフェリーの方々と控室が一緒だった。
休憩中や大会終わりになると、お互いの反省点を指摘し合っている場面に出くわす。
自分の気付いた点、或いは気付かない点など、それぞれ各々から意見が交錯する。
おのずと、他のレフェリーの方にも参考になる。
裏方の人々は、皆同じ思いを抱えられているとゆう情景に、何となく自分にも励みになる。

司会者は一人なので、深い部分の意見は誰もくれない。
自分で反省点を見付け、自分で改善していかない限り、向上はない。
孤独な闘いに打ち勝ってゆくことが、周囲に対する個人の必要性に広がりを見せるのだと思う。
内心、レフェリー陣の意見交換の場面が少し羨ましかったりもするが、己は己の部署であって、他に何も言わせない進行をすれば良いだけだ。

何か期するモノがあったのか。
特別な事はしないまでも、基本に忠実な進行を心掛けた。
プロとして間違いを犯さないというのも最低条件だが、それプラス今の自分から抜け出す事や、もっと自分に出きる事を探りながらの進行だった。

やけにもう一人の自分が語りかけて来たが、本当の自分が冷静に対処していた。
緊張とは表裏一体の最中、別の自分が向上計画を企てていたのだった。
互いが魂の中で同居し合い、そこから抜き出る新たな感覚の出会いが己を向上させるのだと思う。
孤独だからこそ、たまに実現する「ひとり二元中継」
これが出た時は自分の中では調子が良い筈だが、O.Aを見るまでは分からない。
自分での評価を下せないのもまた、格闘家が反省して次の試合に新たな心で挑んでゆく姿と一緒だと思う。

またまた自分で何かを定義させるには説得力に欠けるが、
「力強さと繊細さ」
この背中合わせの二つの心が、己をもっと輝かせるのだと、とりあえずは定義させておいて良いだろうか。
コメント(2)
■■■DEAD OR ALIVE
2006/08/29 Tueハードボイルド
ノリを第一に考えたアングラ感の漂うイベント「クラブファイト」。
会場は超満員の観客で埋め尽くされた。

イベントに事故はつき物だ。
事故が発生するから対処に動く役がいる。
発火したら即座に火消しする方が最も効果がある。
が、誰も率先してやりたくない。
誰かがやるしかない。
あまり目立ちたくない。

試合出場予定選手が試合前に倒れ、救急車で病院に搬送された。
判明したのは丁度イベントの半ば、休憩中だった。
バックステージでは方々でみんながテンパっている。
かん口令が敷かれそうになった。
僕は反対した。
こうした事例は過去にもよくある事だし、試合タイミングまで引き伸ばして失敗した例がいくつもある。
事態をいち早く治めないと大変な事になってしまう。

人はいざ地震や火事に遭うとうろたえてしまう。
人間、死ぬ時は死ぬが
現実を冷静に、即座な対応をすれば何とかなる。
生きる為の究極は、死なない為に出来る限りの努力をする事だけだ。
死ぬ間際まで待っていれば、終わる可能性の方が高い。

これから後半が始まろうという最中、
DJに開始タイミングを一時ストップしてもらい、間2分ぐらいで対応の順番を提案した。
主催者側から事の経緯を集まった観客に伝えてもらう。
その誘導役は僕が買って出る。
上手く説明できないのは分かってるので、後付けの説明はこっちで何とかする。
それよりも「この状況で我々も苦肉の判断なんだ!」と、観客に訴えかけてもらうだけで充分だった。
この事態においてもプラス作用に持っていける様なフレーズを何パターンか考えた。

運悪く、倒れられた選手の試合はこの日のメインだった。
謝罪のタイミングは休憩明け。
今しかないのだ。
もしもメインまで引っ張り、観客の期待を裏切ったら何が起こるか想像に難しくない。
出しゃばって大変申し訳ないが、ここは僕の意見を通させてもらう。

主催者の謝罪で本日のメインは中止になる事が告げられた。
その後、繰り返しの経緯説明と即興フレーズで締め括った。
決して大きくはなかったが拍手が起こった。
納得してくれた観客もいただろうし、そうじゃない観客もいたことだろう。
万人の理解は得られなかったが、一番は、最悪の事態は免れたという事。

しきりに代替の試合について案が飛び交っていたが、もしリザーブマッチを考えるなら、これを公開してからだろう。
それは経験上で揺るぎないものだった。
細かい改良点を挙げたらキリがない。
それを外用の人間が言った所で説得力もない。
この事態が治まった事で、今後、様々な箇所の改善に生かされる事を期待したい。
コメント(0)
HOME NEXT
プロフィール

NEKOJI

Author:NEKOJI
これまでのリングアナ経歴

SMACKGIRL
B.T.F.C
「r」
TRIAL空手の逆襲
女子格闘技アルカディア
エクスチェンジトーナメント
REDZONE
女子格闘技GALS
DEMOLITION atom
OYAZIBATTLE
DEEP
JTC全国大会
リアルファイティング
clubDEEP
SAEKI祭り
DEMOLITION
PANCRASE
STYLE-E
HEAT
REALRHYTYM
ホストボンバイエ
HERO-1
POWERGATE
OYAZI BATTLE OSAKA
グラップリングEXPO
バトルチャレンジ大阪
DOUBLE’R’
TAEKWONDO CROSSING GAME
TATTOOボンバイエ
KAKUMEI
CMAフェスティバル
フォーリーフ・ラリー
ストリートイベント・ヤバ強
DEAD OR ALIVE
THE FORCE
SPEED
LUX シャイニングキャッスル
など

最近の記事
フリーエリア

フリーエリア

エフドットコムのコンタクト

フリーエリア

資料請求はこちら

フリーエリア

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム
リンク
カテゴリー

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。