これは数々の格闘技興行にて激闘(?)を展開してきた猫じのわがままリングアナ奮闘記 舞台裏実況中継である。
カテゴリー内記事一覧 (下のものほど古い記事です)
スポンサーサイト
--/--/-- --
REALRHYTHM 4th STAGE
2006/08/01 Tueコメント(0)
REALRHYTHM 3rd STAGE
2006/03/06 Monコメント(0)
DOUBLE‘R’
2005/12/23 Friコメント(0)
 ≫ NEXT ≫ 
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■REALRHYTHM 4th STAGE
2006/08/01 Tueリズムレッド
イベント事は、その裁量を主催者が握っている。
間違いのない事実だ。
僕はそこと比較的近い位置にいながら、今一歩で発言を止めてしまう所がある。
自由裁量に滑らせる場合はどう対処すべきか?
今回のテーマだったような気がする。

大会のコンパスを敷く時、現場で検証して来た経験がものを言う筈だ。
僕は戦いの舞台の最前線で闘ってきた。
だからこそ僕の与えられた義務として、明鏡止水の経緯を少しでも多くの人々に伝えていければと思う。
重い壁を押し続けなければならない。
見えない敵と対峙してゆかなければならない。

もうリングアナウンサーとしてだけの目線で大会を視野に入れる事はない。
はっきり言うが、それだけでは物足りない。
何か面白いことをやりたい。
「ここにアリ」を示さなければ、折角呼ばれた大会の今後のオファーも独占できない。
司会者は影役であると同時に、大切な出演者であるということ。

今回は休憩中にスポンサーからのプレゼント抽選会が行なわれた。
スポンサーギャルが幅を利かせてやるのではなく、進行は僕に任せられた。
お安い御用とばかりに引き受けた。
普段こうした形で進行などした事がないが、出来れば今後は結婚式などで修行を積みたい気持ちだった。
それでも自分が考えてた以上に、ちゃんと進めることができたかもしれない。

この度、主催者から命を受けた指令は、セミとメインでの試合前の煽り文句だった。
台本はない。
考えろ、と。
どうせなら完璧にやりたい。
ブッつけでどれだけ出来るのか?自分にも興味があった。
勿論、試合に意味合いを持つ語源を、短いコメントで括らなければ何の芸もない。
任せてもらった手前、次々と案が浮かんでくる。
メイン・セミが近づき、直前までどう出すか悩んだ。
大会首脳陣に何のお伺いも立てていないが、怒られるなら後で怒られればいいじゃないか。
でも失敗することはないと決めていた。

場面が近づいて来た。
この大会では音が先に流れ、英語のMCマイクが入り選手入場となるが、咄嗟にピンスポをもらってからリングアナ先行で進めるよう、インカムで要請した。
今の今まで黙っていたので、照明スタッフにはそんな事をするとは伝えていなかった。

セミはリベンジマッチだった。
僕はこう括った。
「あの悪夢から数ヶ月。満を持してリアルリズムに初参戦! 
雪辱を誓って・・・
青コーナーより、滑川康人入場!」
「フランス製、恐怖の膝爆弾! 
今夜も笑うのはこの俺だ!
赤コーナーより、ザ・スネーク入場!」

メインはプライド参戦に王手を賭けると目された一戦だった。
「浪速のエースよ、よく聞け!
誇りを賭けたこの近道は、俺がもらった!
青コーナーより、松下直樹入場!」
「暗中模索の2連敗に、土壇場の執念が沸騰する!
浮上の道はただ一つ。
己の全てを賭けて・・・池本誠知入場!」

今思い返してみると、もっと考え様があったと思う。
しかし時間がなかった。
これが精一杯だった。
大会はアドリブを利かせられるどうかが最大の秘訣であることは言うまでもない。
コメント(0)
■■■REALRHYTHM 3rd STAGE
2006/03/06 Monリズムレッド
タイトルマッチのセレモニーが重く、静けさがリング上を支配した。
こんな雰囲気でメインのコールをするのは初めてだ。
ファンがこの試合を待っていたからこそ、固唾を飲んで見守っていたのであろう。
チャレンジャー池本誠知のコールの後、打って変わって津波の様な大喚声が巻き起こる。
紙テープの雨でチャンピオンのコールが出来るまで、しばらくの時間を要した。
リングの上でヘマをする訳にはいかない。
僕にとっては凄く長い時間だった。

チャンピオンの右ストレートが試合を動かした。
堪らず後ろに下がるチャレンジャー。
グラウンドでも劣勢が続く。
終盤ではセコンドの的確な指示を忠実に聞く王者。
得意の打撃が上手く放てない挑戦者。
出て来ない王者に対し、挑戦者は「もっと来い」のジェスチャー。
一進一退の攻防が続く。
人々の夢を乗せて、拳を握り絞めた15分間。
あっと言う間に3R終了のゴング。
この試合に5分3Rは短か過ぎたか。
これがルールだから仕方あるまい。

重い試合だった。
判定2-0
チャンピオン中尾受太郎のベルト防衛だ。
力が抜けたか、肩を落とす池本。
試合は結果がモノを言う。
チャンピオンの勝利を称えたい。

何故闘うのか。
彼らは人に力を与える為だと答えた。
その勇気こそ答えだ。
勝者がいれば敗者もいる。
勝敗の結果は大事だが、彼らの生き方を称えたい。

僕も彼らの様に勇敢でありたい。
しかし僕は弱い。
その弱い魂を重ね合わせてなんとか生きている。
自分に与えられた使命に、いつもそれ以上を目指して頑張りたい。
この試合を見て、ただ良かったと言う感想だけで済む事はあるまい。
もう一度両者に、盛大な称賛の拍手をお送り頂きたい。
そして、今後も人々に生き続ける勇気を与えていって欲しい。
コメント(0)
■■■DOUBLE‘R’
2005/12/23 Friリズムレッド
来られたお客さんも感じたと思う。
今回は若干厳しい入りだった。
だが、これはあくまで見た目の話しである。

一概に観客動員のみが全てではない。
主催側が謳う「リアルリズムの登竜門の場」として、これはこれで良いのだと思う。
輝く舞台の前の「虎の穴」か。
リアルリズムよりも、ここで周りを納得させられる試合をする事の方が実は難しいと思う。
名も無き者達が、次なる舞台を目指す恰好の舞台。

試合中についても特に申し分はない。
後半に行くに連れ、試合レベルが上がっていくようだ。
特に実力伯仲の試合は、充分観客を魅了していた。
プロの試合でもおかしくない試合が何試合かあった。

そして僕は僕の仕事をするのみだ。
ヨソ様をとやかく言う資格はない。
当初発表されてたカードから3試合が中止となっていた。
まずはカード変更のお知らせを逐一入れる事。
もう一つは1Rの試合と2Rの試合があり、それぞれ若干ルールが違うので、上手く誘導して観客の疑問を解決していく事。

話は変わるが、咄嗟のアナウンスはどうも苦手だ。
今回休憩中にスポンサー宣伝の為、喋りのお手伝い頂いたラウンドガールのエコさん。
この方は、やはりアナウンス学校に行っていたらしい。
カミカミではあったのだが、どうりで喋りが違う。

毎回の興行では、ある程度想定した言葉を頭に入れている為、何かが起こってもそこまで混乱は起きない。
が、今後どんな形で咄嗟なアナウンスが入るか分からない。
エコさんの喋りは確かに滑らかだった。
こんなモノはコツだと思う。
人に出来て、僕に出来ない事もないと思う。
そんな幸せな性格だ。

もう一人の僕が叫ぶ。
「その素人っぽさがお前なんだ」と。
僕は若干エコさんにジェラシーを抱いてしまったが、そっちを勉強すれば上には上がいる。
喋りを勉強したからとて格闘技のアナウンスは違う。
素人でもここに特化していこうじゃないか。
素顔のままでいこうじゃないか。

僕もダブルアールの舞台でチャレンジスピリットを掻き立てられた。
コメント(0)
HOME NEXT
プロフィール

NEKOJI

Author:NEKOJI
これまでのリングアナ経歴

SMACKGIRL
B.T.F.C
「r」
TRIAL空手の逆襲
女子格闘技アルカディア
エクスチェンジトーナメント
REDZONE
女子格闘技GALS
DEMOLITION atom
OYAZIBATTLE
DEEP
JTC全国大会
リアルファイティング
clubDEEP
SAEKI祭り
DEMOLITION
PANCRASE
STYLE-E
HEAT
REALRHYTYM
ホストボンバイエ
HERO-1
POWERGATE
OYAZI BATTLE OSAKA
グラップリングEXPO
バトルチャレンジ大阪
DOUBLE’R’
TAEKWONDO CROSSING GAME
TATTOOボンバイエ
KAKUMEI
CMAフェスティバル
フォーリーフ・ラリー
ストリートイベント・ヤバ強
DEAD OR ALIVE
THE FORCE
SPEED
LUX シャイニングキャッスル
など

最近の記事
フリーエリア

フリーエリア

エフドットコムのコンタクト

フリーエリア

資料請求はこちら

フリーエリア

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム
リンク
カテゴリー

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。