これは数々の格闘技興行にて激闘(?)を展開してきた猫じのわがままリングアナ奮闘記 舞台裏実況中継である。
カテゴリー内記事一覧 (下のものほど古い記事です)
スポンサーサイト
--/--/-- --
POWERGATE 9 格闘復興祭 in SITE KOBE
2006/07/26 Wedコメント(0)
POWERGATE 8 格闘祇園祭 in び・ぜん・ぎゃるり
2006/06/26 Monコメント(0)
POWERGATE 6
2006/03/07 Tueコメント(4)
 ≫ NEXT ≫ 
■■■スポンサーサイト
--/--/-- --スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■■■POWERGATE 9 格闘復興祭 in SITE KOBE
2006/07/26 WedR&Bエージェンシー
新しいMCと新しいラウンドガールが加わり、密かに大きな期待が膨らんだ。
二人のプロフィールはそう感じさせるに値した。

格闘技の舞台でそれを開花させるにはどうすれば良いか?
他業種で自分の魅せ方を確立している二人に、「こうして欲しい」という野暮な要求など、プライドを逆撫でする様なマネは出来ない。
本人の意思に任せて大きく羽ばたいて欲しい。
そんな願いが届いていたかどうかは分からないが、こちらの期待が多き過ぎたのは本人達にとっては堪えたのかもしれない。
初めてなので、出方を伺っている様子も見えた。

アシスタントMCのA氏は僕の隣にいるので、逐一色んなことを聞いてきた。
「こうしても良いか?」「ここはどういうタッチで入れば良いか?」
「僕の場合はこうするが、Aさんのいつもの口調でやって欲しい」と頼んだ。
その方が新鮮味があるし、元々これが良いという公式は存在しない。
先輩ラウンドガールもイニシアチブを握っていて、いつもより感じ良く歩いていた。
しかしこの新しいラウンドガールのM氏が本領発揮したら、もしかしたらとてつもなくなるかもしれない。
知る人ぞ知る歩きの達人で、モデルとはまた違った特殊性が出れば面白くなる。
両者共、疑問を持って積極的に動く姿勢には好感が持てた。

いつも書いているが、僕はこの大会ではリングアナとディレクターを兼任する。
これは充分な繋ぎが出来ない事に起因する。
だからアシスタントMCのA氏に賭けるモノはデカい。
僕に代わってリングアナウンサーを引き継いで欲しい。
僕の要請はそれだけだ。
これまで独自の“出し”を駆使して来たが、いい加減、真っ当なディレクションを確立したい。
そうすれば乱れた時の足並みも、充分に修正は可能である。

今回はサウンドテックに、いつものリーダーであるS氏がいなかった。
だが、他のメンバーでも試合中の突発現象にも上手く対応出来ていた。
関心したのは、ドクターチェック等で試合が一時中断する場面で、しっかり音を半減し、試合再開と共に音量レベルを元に戻していたのはさすがだった。
僕はこれを台本上でそう書きはしたが、リハもやっていないし、繋ぎいらずの機転には恐れ入った。

反対にピンスポットの近さには難色を示した。
これも細かい話しになるが、判定の際は両者がレフリーを挟んで中央に並ぶ。
ここに一つの光りで両者を括るために光源枠を広げるのだが、ピンとリングまでの距離が近すぎて1人分しか当たらない。
初めての会場にはこうした計算がいき届かない場合がある。
効果を切り替え、リング灯りを落としぎみのプランに変更した。

テクニカルリハーサルでは1~10までやっている時間はない。
僕は出来るだけ分かりやすく急いでミーティングし、限られた時間内にリハで全体チェックする。
よくある話しだが、スタッフが大会当日に初顔合わせで、進行表も当日初めて見させるというやり方。
これが言わば普通だ。
あるレベルまでいった人達の集まりなら、皆プロの仕事でそれは可能になる。
しかしこのPOWERGATE大会では、それぞれがここに来てから用意していては遅い。
ここのスタッフの皆は、普段は違う仕事をそれぞれ持っている。
また次回が来るまでタイムラグを空かせていてはロクな仕事になんかならない。
台本も早めに作成して送り、各々がこの日の為に賭けてきた想いを集約させる。
時にキツイ事も言うが、一時的な反発を買うのは仕方ない。
それより何より、僕が今まで見てきた失敗事と同じ失敗は絶対にさせない。
POWERGATEの表面上の進行の裏には、決して平坦ではない段階を踏んで来ている。
これが段々と浸透してきているのがPOWERGATE最大の収穫である事を、スタッフの人間は忘れてはならない。
見えない収穫だが、良いイベントの裏には必ず卓上の理論だけでは計りしれない裏方の魂が結集されている。
これらが見えない大会には、いくら選手が必死に試合したところで、観客に対しての熱を満場に伝える事など出来ないのだ。

先日、某格闘技雑誌にこの大会のコラムが1P丸々使って紹介されていた。
試合の事も織り交ぜながら、進行の手際の良さについても言及されていた。
ここのスタッフは、今なら例え中央の大会に出しても恥ずかしくはないだろう。
もう一つ言えるのは、それぐらい中央と地方では大会進行レベルに差が開き過ぎている事も無視してはならない。
「選手が主役」と言えるのは、それが当たり前に出来てからだと思う。
「お客さんが主役」と捕える事により、見えない部分が沢山解明されてくると言えるかもしれない。
コメント(0)
■■■POWERGATE 8 格闘祇園祭 in び・ぜん・ぎゃるり
2006/06/26 MonR&Bエージェンシー
またいらない事になってしまったか。
前日に大会の準備をして遅くに就寝した。

朝起きると、立ち上がれない。
立ち上がれアントニオ猪木!
そんなんばっかりか。
とにかく最近はどうなっているのか、一旦調子が戻ると、またすぐに違う症状に巻き込まれる。
気力を振り絞って車で現地に向かった。

運転中に気合いを入れる曲は、北斗の拳のテーマ「愛を取り戻せ」しかない。
するとだんだん闘志がみなぎってくる。
調子に乗って歌い上げてみると、フルスロットル級な頭痛がやってきた。
今日は相当ダメかもな。

リングドクターが到着したので様態の相談をし、処方箋をもらった。
リハーサルまで時間があったので客席で横になってしまった。
時間になったので起きようとすると、スタッフの子がお茶と薬を買ってきてくれていた。
薬はさっきもらって飲んだけど、折角の行為にありがたく頂戴した。
申し訳ない想いでいっぱいだった。

起きてからはいつもの様にやってみる。
スタッフの動きとダメ出し箇所を確認した。
スイッチが入った。

会場は立錐の余地もなく、沢山の観客でスシ積めだった。
立ち見のお客さんが立ち往生している姿があちこちで見受けられ、そんな時は応変にスタッフが誘導しないとどうしょうもない。
自分のエリアを守っているだけでは本当の意味で少数精鋭とは言えない。
特に入り口付近に立つお客さんは通路を塞ぐ事になるため、声を掛けて北側雛壇の階段に1列に座って頂いた。
選手入退場も一箇所に限定し、いらぬ混乱への防衛策を敷いた。
試合中はいつもどおりやるだけだ。

メインでは地元の選手が出場し、友人の方が大きな花束を持って駆けつけていた。
折角なのでリングに上がって手渡してもらった。
このメインの選手は一番切符を売っていたと思う。
それを手渡すだけで盛り上がるのは見えていた。
彼は残念ながら本調子とは言えず苦戦を強いられたが、それでも3R終了間際に1本勝ちした。

これはもう彼に締めてもらうしかないと僕もリングに上がった。
僕は彼がどんな人間なのか知らないので主催者に確認した。
よく喋るほうらしい。
でも不安なので掛け合い(インタビュー形式)にマイクをふった。
一言二言で彼はよく喋る人だと分かったので、そのままマイクを預けた。

大会は終わった。
各スタッフがやってくる。
今日はどうだったか?と。
もうその姿勢が合格だった。
恥ずかしながらダメなのは僕の体調だけだった。
間違ってもみんなの前で横になったのはマズかった。
媚びるな。
スタッフに大会とは関係ない余計な事を考えさせた時点で、何も言い訳ができないではないか。
自分の立場をもっと考えるべきだった。
憤りの想いが胸中に徒らに叩きつけた。

段々とここのスタッフは興行というものを分かりかけている。
音響はライトのことを、バックステージは場内のことを、段々と違う目線でモノを見ることにも長けてきた。
それまで散々注意してきた甲斐があったか、この状態が続けばもう僕の言う事は何もない。

試合後、あるプロレスラーに出会った。
京都KBSホールで自身の試合を終えてこの会場に駆けつけたらしい。
「実はこういう事をやりたいんですよ!」
と熱く語りが始まり、僕もそうゆう話しには負けられないので盛り上がった。
僕なりのプロレス界に向ける意見を提案した。
多分この選手の思想と僕の思想はそんなに大きく違わない。
プロレスに賭ける想いというか、僕は現状ではプロレス界で仕事はしていないが、考えはよく似ていた。
こんな人なら一晩中喋っていても飽きない。

病状も忘れるぐらい気持ちは回復していた。
コメント(0)
■■■POWERGATE 6
2006/03/07 TueR&Bエージェンシー
前日の余韻が冷めぬままに、翌日5日も格闘技イベントが神戸で開催された。
皆が気遣ってくれるが、僕はいたって大丈夫だ。
前日に打ち上げで朝まで明かそうが、仕事だからやるのは当たり前。
それよりも新しい会場と新たに参加するスタッフ。
僕にとってはこちらの方が不安だった。

ライトの加減が思わしくなく、今から再度セッティングも難しい。
主催者の意向を聞き、施し半分でライティングは2パターンにした。
状況に合わせて的確な指示を出さないと皆が不安がる。
初めての方でも分かる設定であれば問題はないか。

始めてみると一瞬ではあるが呼吸が合わない。
ディレクターを引き受けてる以上は完璧に合わせないと僕の責任になる。
しかしマイクを握っている間はインカムを触れないので片手間になってしまう。
「一歩進んだらこう」「中央に立ったらこう」と、合図を決めている。
これはこの大会で編み出した僕なりのキューサイン。
慣れてくる時に穴が出る。
今回は違うスタッフというのは何の言い訳にもならない。
小さな所まで見ている方はいないかもしれないが、小さいミスはやがて大きなモノに変わってしまう。
それだけは避けたかった。

お客さんが熱かったおかげで助けてもらった感が十二分にある。
タイミングが合っていないと言う事ではなく、微妙なズレをスタッフ皆が気付いていたかどうか。
大会終了後、皆にはなかなか上手くいったと伝えた。
でもそれは半分嘘だった。

自分の伝えきれていない所もあった。
もう少し噛み砕いたミーティングが必要だったかもしれない。
もっと経験を重ね、もっと大会の事を深く考え、それが整うまでディレクターに専念したいが、そうなると別問題も出てくる。
僕ももう少し頭を捻り、今よりももっとベストなプランを考えたい。
完璧な進行をやりたいし、台本の作りももっと克明に記すべきか。
前回のクラブファイトでも感じたが、周りとの温度差を埋めるのが先か。
気持ち的にはいちいち止まっていられない。
大会はまたすぐやって来る。
コメント(4)
HOME NEXT
プロフィール

NEKOJI

Author:NEKOJI
これまでのリングアナ経歴

SMACKGIRL
B.T.F.C
「r」
TRIAL空手の逆襲
女子格闘技アルカディア
エクスチェンジトーナメント
REDZONE
女子格闘技GALS
DEMOLITION atom
OYAZIBATTLE
DEEP
JTC全国大会
リアルファイティング
clubDEEP
SAEKI祭り
DEMOLITION
PANCRASE
STYLE-E
HEAT
REALRHYTYM
ホストボンバイエ
HERO-1
POWERGATE
OYAZI BATTLE OSAKA
グラップリングEXPO
バトルチャレンジ大阪
DOUBLE’R’
TAEKWONDO CROSSING GAME
TATTOOボンバイエ
KAKUMEI
CMAフェスティバル
フォーリーフ・ラリー
ストリートイベント・ヤバ強
DEAD OR ALIVE
THE FORCE
SPEED
LUX シャイニングキャッスル
など

最近の記事
フリーエリア

フリーエリア

エフドットコムのコンタクト

フリーエリア

資料請求はこちら

フリーエリア

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

星が見える名言集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
ブロとも申請フォーム
リンク
カテゴリー

 
 
 
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。